光ファイバー形計器 FBG式光ファイバーセンサー/FBG測定器
Home >> 製品案内 >> FBG式光ファイバーセンサー/FBG測定器 [光ファイバー形計器]
 
 

FBG式光ファイバーセンサー (TDM方式)

FBG式光ファイバーセンサーは、光ファイバーに紫外線を利用して回折格子を焼付け、反射光の波長の変化からひずみなどを計測するものです。そしてFBGセンサーを多点で用いる際の測定方式は次の2つの方式があります。すなわち
■TDM方式(時間分割多重方式といって、センサーの位置を光が戻ってくる時間で識別する方式)
■WDM方式(波長分割多重方式といって、戻ってきた光の波長でセンサー位置を識別する方式)です。
■弊社はTDM方式を採用しています。
TDM方式(Time Division Multiplexing) WDM方式(Wavelength DIvision Multiplexing)
TDM方式(Time Division Multiplexing) WDM方式(Wavelength DIvision Multiplexing)
■FBGから光が戻ってくる時間でセンサー位置を識別する
■1ラインに最大100点のセンサーを配置できる
■測定レンジ±4500×10-6まで可
■通常のサンプリング速度2Hz。1センサーの場合500Hzまで可
■最大延長距離9km
■FBGの波長でセンサーを識別する
■一般的に1ラインで8点のセンサーが限界

弊社のFBG式光ファイバーセンサーには、下記JSTサテライト宮崎で実施された育成研究課題の成果が
活かされています。
関連情報 (1)JSTサテライト宮崎、http://www.miyazaki-jst-satellite.jp/kenkyuu_sub003.html
(2)飛島建設技術研究所、http://www.tobi-tech.com/tech/fbg-fiber.htm


FBG測定器 [FSI−□]  □はチャンネル数(1または4)

FBG測定器

●標準は1チャンネルで、1本の光ファイバーに最大100センサーを接続できます。
●4チャンネル用は、最大400点の多点計測ができます。
●0.8×10-6stの高分解能
●DC24V電源、低消費電力
●センサーの設置間隔を1.9mまで近接可
●最長9kmまでの長距離遠隔測定可
●小型・軽量

TDM(時間分割多重)方式によるFBG光ファイバーセンサー用測定器で、センサーへ光を発射し戻ってくる時間からセンサーの位置を識別します。

型式 FSI-1 FSI-4
チャンネル数 1 4
最大接続点数 100 400
測定範囲 +/-5.4nm (±4,500×10-6stに相当)
分解能 1pm (0.8×10-6に相当)
精度 +/-3pm (±2.5×10-6に相当)
測定速度(標準) 2Hz (多点接続時)
測定長 9km
インターフェース USB
コネクター E2000
許容使用条件 温度: 0〜+55℃
湿度: 85%RH 以下(ただし結露のないこと)
電源 DC24V
消費電力 6W 以下
寸法 240×120×97mm
質量 3.0kg