ひずみゲージ形検出器 鉄筋計
Home >> 製品案内 >> 鉄筋計 [ひずみゲージ形検出器]
 
 

鉄筋計
[GR-□AN(SD295用)、GR□HN(SD345用)、GR-□ANT(測温付)、GR-□HNT(測温付)]

鉄筋計


鉄筋計


型式 GR-□AN GR-□HN GR-□ANT(HNT)
測定範囲 ±300N/mm2 ±350N/mm2
定格出力(RO) ±1.0mV/V以上
定格出力ひずみ ±2,000×10-6st 以上
直線性 ±1.0%RO以内
ヒステリシス ±1.0%RO以内
許容過負荷 100% 120% 100(120)%
許容温度範囲 −10〜+80℃
最大印加電圧 10V
入・出力抵抗 350Ω ±2%
絶縁抵抗 DC25Vにて
500MΩ以上
許容耐水圧 0.8MPa
温度測定範囲 - - −10〜+80℃
測温機能 - - 熱電対
材質 SD295 SD345 SD295
ケーブル S4-5(0.5mm2 4心、シングルシース) S4-3T(0.3mm2 4心、シングルシース補償導線入り)
ケーブル
標準長
1m
鉄筋コンクリート構造物(梁、桁あるいは地中連続壁など)の鉄筋の軸力や曲げによる応力を測定するために用います。設置は、配筋作業の前に予め計器長(L=900mm)相当分を切断し計器を圧接する方法と、鉄筋を切断することなく結束線などで鉄筋に計器を添わせて固定する添筋法とがあります。現場の条件に応じて設置方法を選定してください。


■型式の□内は、母材の呼び径を表わします。
■寸法と質量は、下表をご参照ください。
■極性は、+:引張 −:圧縮です。
■測温機能付きは、S4-5Tのケーブルで6心のうち2心が熱電対線です。
■測温機能付き製品の納期については予めお問い合わせ下さい。

型式 GR-13 GR-16 GR-19 GR-22 GR-25 GR-29 GR-32 GR-35 GR-38 GR-41
呼び径(D) D13
(13mm)
D16
(16mm)
D19
(19mm)
D22
(22mm)
D25
(25mm)
D29
(29mm)
D32
(32mm)
D35
(35mm)
D38
(38mm)
D41
(41mm)
φ 42mm 48mm 59mm 69mm
質量 約1.5kg 約2.1kg 約2.8kg 約3.5kg 約4.5kg 約5.5kg 約6.7kg 約8.0kg 約9.5kg 約11.0kg
■呼び径D51は、特注で申し受けます。