ひずみゲージ形検出器 表面ひずみ計
Home >> 製品案内 >> 表面ひずみ計 [ひずみゲージ形検出器]
 
 

表面ひずみ計 [GS-10F、GS-10FT(測温付)]

表面ひずみ計 切梁、鋼製桁あるいは泥水固化柱列杭の軸力測定に用います。専用の取付脚を測定対象物に溶接し、ひずみ計本体を装着します。本体の線膨張係数を鋼材と同じ11.4×10-6/℃に製作されていますので、温度変化による鋼材の自由膨張に伴う測定値の補正をする必要がありません。コンクリートの表面に設置するための取付脚(アンカー)もあります。

表面ひずみ計

表面ひずみ計
型式 GS-10F GS-10FT
測定範囲 ±1,500×10-6
定格出力(RO) ±0.675mV/V以上
定格出力ひずみ ±1,350×10-6st
以上
直線性 ±1.0%RO以内
ヒステリシス ±1.0%RO以内
許容過負荷 120%
許容温度範囲 −10〜+80℃
最大印加電圧 10V
入・出力抵抗 350Ω ±2%
絶縁抵抗 DC25Vにて
500MΩ以上
許容耐水圧
(拘束時)
0.5MPa
温度測定範囲 - −10〜+80℃
測温機能 - 熱電対


寸法 φ22×L104mm
質量 約0.2kg
ケーブル S4-5(0.5mm2 4心
シングルシース)
S4-3T(0.3mm2 4心
シングルシース補償導線入り)
ケーブル
標準長
1m
オプション
・取付脚(型式 SF-10S:鋼材用、型式 SF-10C:コンクリート用)
・保護カバー(型式 SP-10)
・模擬棒(型式 SD-10)

■ 極性は、+:引張 −:圧縮です。
■ 測温機能付きは、S4-3Tのケーブルで6心のうち2心が補償導線です。
■測温機能付き製品の納期については予めお問い合わせください。