ひずみゲージ形検出器 荷重計 センターホール型荷重計
Home >> 製品案内 >> センターホール型荷重計 [荷重計/ひずみゲージ形検出器]
 
 

センターホール型荷重計 [GL-300kNC、GL-□NCA]

センターホール型荷重計 ■斜面や山留め壁のアースアンカー
■地下発電所などで使用するPSアンカー
■斜張橋の斜材
■橋桁などのプレストレス導入などの軸力や張力管理用計器として広く使用されています。
センターホール型荷重計

型式 GL-□NCA
測定範囲 500kN 1.0MN 1.5MN 2.0MN
定格出力(RO) 0.9mV/V以上
定格出力ひずみ 1,800×10-6st 以上
直線性 ±1.0%RO以内
ヒステリシス ±1.0%RO以内
許容過負荷 150%
許容温度範囲 −10〜+80℃
許容耐水圧 0.2MPa
最大印加電圧 10V
入・出力抵抗 350Ω ±2%
絶縁抵抗 DC25Vにて500MΩ以上
質量 約3.5kg 約8.0kg 約12kg 約16kg
ケーブル S4-5(0.5mm2 4心、シングルシース)、3mつき
ケーブル
標準長
3m
■型式の□内は、測定範囲500k、1.0M、1.5M、2.0M(N)を表わします。
■寸法は、標準品のものです。ご仕様により特注サイズのものもお受けします。


センターホール型荷重計
型式 φA φB φC
GL-500kNCA 60 111 80
GL-1.0MNCA 90 153 100
GL-1.5MNCA 110 183 110
GL-2.0MNCA 120 198 120