ひずみゲージ形検出器 周面摩擦計
Home >> 製品案内 >> 周面摩擦計 [ひずみゲージ形検出器]
 
 

周面摩擦計 《特許1132309》
GFM-□NS(コンクリートケーソン用)、GFM-□NSS(鋼殻ケーソン用)

周面摩擦計
コンクリートケーソン用

周面摩擦計
鋼殻ケーソン用
ケーソンやウェルの沈設時に働く地盤の摩擦力を、直接測定するために開発されたものです。コンクリート製ケーソン(型式の末尾NS型)と鋼殻ケーソン(型式の末尾NSS型)とで、おのおの専用の摩擦計が用意されており、円筒型コンクリートケーソンの場合、計器の表面を曲面加工して納入することもできます。

型式 GFM-[1]NS GFM-[1]NSS-[2]
測定範囲 ±100k、±200kN/m2
定格出力(RO) ±0.9mV/V以上
定格出力ひずみ ±1,800×10-6st 以上
直線性 ±1.0%RO以内
ヒステリシス ±1.0%RO以内
許容過負荷 120%
許容温度範囲 −10〜+80℃
許容耐水圧 0.8MPa
最大印加電圧 10V
入・出力抵抗 350Ω ±2%
絶縁抵抗 DC25Vにて500MΩ以上
寸法 349×H80mm 440×H100mm
質量 約36kg 約50kg
ケーブル S4-5
(0.5mm2 4心、シングルシース)
ケーブル
標準長
2m
■型式の[1]内は、測定範囲100k、200k(N/m2)の数字を表わします。 [2]は鋼殻の厚さ(mm)を記入します。
■上記以外のものも製作いたします。

周面摩擦計
【コンクリートケーソン用】


周面摩擦計
【鋼殻ケーソン用】