NATM用計器 コンクリート有効応力計
Home >> 製品案内 >> コンクリート有効応力計 [NATM用計器]
 
 

コンクリート有効応力計
トンネル接線方向応力測定 [GK-□N-202]

コンクリート有効応力計

コンクリート有効応力計
吹付コンクリート施工時に埋設し、周辺地山の挙動に伴うコンクリート部に生ずる内部応力状態を把握します。 また二次覆工に埋設して、より確実なトンネルの安定性を確認する場合にも使用します。

型式 GK-□N-202
測定範囲 6 10 20 30 36 40
定格出力(RO) 0.3 0.5 1.0 1.2 1.4mV/V
以上
定格出力
ひずみ
600 1,000 2,000 2,400 2,800×10-6st 以上
非直線性 ±1.0%RO以内
ヒステリシス ±1.0%RO以内
許容過負荷 120%
許容温度範囲 −10〜+80℃
最大印加電圧 10V
入出力抵抗 350Ω ±2%
許容耐水圧 0.5MPa
寸法 2×L20(フランジ部φ4)cm
質量 約0.5kg
ケーブル S4-5(0.5mm2 4心、シングルシース)
ケーブル
標準長
1m
■型式の□内は、測定範囲の数字を表わします。
■温度特性試験データをご要望の場合、有償で申し受けます。
■極性は、+:圧縮、−:引張です。