トンネル計測 NATM計測 ナトム計測 地下大空洞計測管理
Home >> 業務案内 >> トンネル計測 [土木・建築分野の計測]
 
 

トンネル計測

□NATM計測
□切羽前方の先行沈下計測
□地下大空洞の計測

NATM計測

【ロックボルト軸力計測】

ロックボルト軸力計測

【地中変位計測】

地中変位計測

【鋼アーチ支保工応力計測】

鋼アーチ支保工応力計測

【覆工応力計測】

覆工応力計測

切羽前方の先行沈下測定

先行沈下測定とは、トンネル切羽前方で発生する地山の変位(沈下)を計測するもので、圧力式沈下計を連続して水平ボーリング孔内に設置して計測します。
計測概要を以下に示します。
切羽前方の先行沈下測定

地下大空洞の計測

地下石油備蓄基地や地下発電所は、大規模な地下空間(地下空洞)を必要とします。建設工事に際しては施工中の安全性と永久構造物としての安定性を確保するために、多段式岩盤変位計など数100点のセンサーでモニタリングします。
以下に、地下空洞における計測事例を示します。
地下大空洞の計測