受信機器 フィールドロガー
Home >> 製品案内 >> フィールドロガー [受信機器]
 
 

フィールドロガー [FLF100A]

フィールドロガー

多点自動計測用のスキャナ内蔵型のシステムで、弊社製検出器のすべてと市販のひずみゲージ形検出器を混在して最大50点まで接続できます。
データメモリー機能・演算機能・通信機能そして時計機能を備えていますので、地下発電所や都市再開発に伴う山留めなどの計測のように計測ブロックが何箇所にも分散する大規模な場合でも、各ブロック毎に本器を分散設置し、通信回線でホストコンピュータに接続することにより、システム構築が容易にできます。
本器自体に測定インターバル設定ができますので、定時に自動測定しデータをメモリーしておき、ホストコンピュータからの指令で、各ロガーから直ちに一斉にデータを転送しますので、多点であっても極めて短時間で計測できます。 
またポータブルコンピュータで、分散地点でデータを収集することもできます。

フィールドロガー
A:最も安価で確な方法。ただし電力線の近傍など、電磁、静電ノイズの多い所や雷の多い山岳部での使用は、システムを破壊する
  こともあります。
C:伝送路の配線が困難なところでの使用に最適。
D:ELFと計測室が遠く、かつ計測ブロックが遠く分散している場合。
■RSユニットはオプション

型式 ELF-100A
接続対象検出器 ひずみゲージ形 カールソン形 差動トランス形 ポテンショメータ形
測定範囲 ±19999×10-6st 下記 ±1999.9mV
分解能 1×10-6st 下記 0.1mV
確度 0.125%以内 下記 0.1%以内
検出器への供給電源 14.28mA±0.2% 30.00mA±0.2% 50.00mA±0.5% 20.00mA±0.2%
接続点数 最大50点 最大25点 最大50点
サンプリング速度 0.8秒/ch
データメモリー数 4,950データ(50ch×99回)
バッテリーバックアップ 全システム:4時間、RAM・時計部:2ヶ月
インターフェース RS-232C
許容使用条件 温度:0〜+45℃、湿度:85%RH以下(ただし結露のないこと)
電源 AC100±10V 50/60Hz
寸法 W454×H414×D257mm
質量 約16kg
■熱電対(C-C)接続用スキャナユニット(10チャンネル単位)もあります。