差動トランス形検出器 連通管式沈下計
Home >> 製品案内 >> 連通管式沈下計 [差動トランス形検出器]
 
 

連通管式沈下計 [DVP-100LA(レベル160mm)、DVP-100LB(レベル500-3000mm)]

連通管式沈下計
DVP-100LA

連通管式沈下計
DVP-100LB

連通管式沈下計
設置金具(DVF)組込み状態

「水盛り」の原理を利用したもので、施工の影響範囲外の水平面内の不動点に設置した基準装置(水槽)と測定対象(または測定地点)に設置した沈下計とを連通管(ホース)で連結することにより、基準水面と沈下計の水面の差異による微小な圧力変化を差動トランスにより検出します。立体交差や近接施工に伴う既設構造物の変状計測には、傾斜計と並んで欠かせない検出器です。

型式 DVP-100LA DVP-100LB
測定範囲 ±50mm
定格出力(RO) ±50mV
直線性 ±1.0%RO以内
ヒステリシス ±1.0%RO以内
設置水頭差 160mm 500-3000mm(可変)
許容過負荷
(水頭差)
300mm 5m
許容温度範囲 0〜+40℃
定格使用電流 50mA
絶縁抵抗 DC25Vにて
500MΩ以上
連通管 水管 φ25/33mm
または
φ12/18mm
テトロンブレード
エア管 φ12/18mm
テトロンブレード
寸法(本体) φ58×H140mm φ58×H210mm
質量(本体) 約1.5kg 約2kg
ケーブル S4-5(0.5mm2 4心、シングルシース)
ケーブル
標準長
1m
■極性は、−が沈下を示します。

連通管式沈下計