振動弦形計器 コンクリート応力計
Home >> 製品案内 >> コンクリート応力計 [振動弦形計器]
 
 

コンクリート応力計 [TPC]

本器は2枚のステンレス板を合わせて溶接し、中に脱気したオイルを封入した受圧板に、振動弦形圧力計をステンレスチューブで接続した応力計です。

コンクリート応力計

コンクリートの硬化過程の温度上昇と共に応力計の受圧板が膨張し、硬化後の温度降下時に生ずるコンクリートと受圧板のすき間を埋めるための「再加圧チューブ」がついています。

【仕様】
測定範囲(F.S.) 3000 5000 10000 20000 kPa
測定精度 ±0.5%F.S.(ご指定により±0.1%のものも納入可)
分解能 0.01%F.S.
サーミスター 3kΩ
許容過負荷 200%F.S.
寸法 受圧板 100×200×6.3mm
再加圧チューブ 標準長さは1.2m