山留め計測 アンカー軸力測定 山留め壁変形計測
Home >> 業務案内 >> 山留め計測 [土木・建築分野の計測]
 
 

山留め計測

□山留め壁の水平変位計測
□切梁・グラウンドアンカー軸力測定
□リバウンド・地盤沈下の計測
□地下水位の計測

山留め壁の水平変位計測

山留め壁の水平変位測定は、通常、設計値から設定する管理基準値と対比し、山留め壁の安全性を管理するために実施します。測定方法には、埋設型傾斜計による自動測定と、挿入式傾斜計による手動測定とがあります。いずれの場合も、山留め壁にガイド管(鋼製角パイプ75mm×75mm)を取り付けますが、埋設型傾斜計は、山留め壁設置後に計器埋設を行います。
いずれの測定も、得られる測定値(傾斜角)に距離を乗じて水平変位量に変換し、山留壁下端から順次上方に累積することで、全体の変形(分布)を求めます。当社では、埋設型傾斜計の設置間隔は2m、挿入式傾斜計の測定間隔は1mを基本としています。

管理基準値の設定について
1次管理基準値:設計時の最大変位量×80%
2次管理基準値:設計時の最大変位量×100%
山留め壁の水平変位計測
山留め壁の水平変位計測 山留め壁の水平変位計測

切梁軸力、グラウンドアンカー軸力測定

切梁軸力、グラウンドアンカー軸力測定は、通常、設計値から設定する管理基準値と対比し、支保工の安全性を確認するために実施します。切梁軸力には表面ひずみ計、アンカー軸力にはセンターホール型荷重計を使用します。

切梁軸力、グラウンドアンカー軸力測定
管理基準値の設定について(切梁)
上限1次管理基準値:設計時の荷重×80%
上限2次管理基準値:設計時の荷重×100%

管理基準値の設定について(グラウンドアンカー)
上限1次管理基準値:設計時の荷重×100%
下限1次管理基準値:設計時の荷重×80%
上限2次管理基準値:設計時の荷重×120%
下限2次管理基準値:設計時の荷重×50%
切梁軸力、グラウンドアンカー軸力測定

リバウンド・地盤沈下の計測

計測には主にワイヤー式変位計を使用します。掘削前に、測定位置にボーリングを行い、測定ワイヤーの先端に固定した水圧式アンカーを挿入します。地上からアンカーに水圧を加え地山に固定させた後、頭部に変換部(検出器)を設置します。不動点を、最下端のアンカーと考え各点の変位を算出します。
以下に設置手順を示します。

リバウンド・地盤沈下の計測
■設置手順
【1.削孔】ボーリングマシンにより所定の深度まで削孔を行う。孔内はCBモルタルにて置換する。
【2.計器の挿入】計器を挿入し、固定する。
【3.アンカーの固定】地上より水圧ポンプを使用し、アンカーを地山に固定する。
【4.掘削】掘削時はワイヤーを切断しないように注意して掘り下げていく。必要であればワイヤーを切断し、変換部を移設する。

地下水位の計測

計測には水圧計を使用します。測定箇所にボーリングを行い、測定深度に水圧計を設置します。ボーリング孔は通常孔壁を保護する目的で塩ビ管を挿入します。測定値は水圧として検出されるため、設置深度を乗じて水位に換算します。以下に設置手順を示します。
地下水位の計測
■設置手順(自由水の場合)
【1.削孔】
所定の深度まで削孔を行う。
【2.塩ビ管の建て込み】
塩ビ管(多孔管付き)をボーリング孔に設置する。
【3.計器の設置】
計器を所定の深度に設置する。
【4.水位の確認】
実測した水位と計器の測定値が同じであることを確認する。



■設置手順(被圧水の場合)
【1.削孔】
所定の深度まで削孔を行う。
【2.計器の設置】
計器を所定の深度に設置する。
【3.埋め戻し(透水層)】
計器深度±1mを珪砂で埋め戻し透水層とする。
【4.埋め戻し(止水層)】
透水層の上1mをベントナイトで埋め戻し止水する。
【5.埋め戻し(その他)】
止水層の上はCBモルタルを充填する。